Nolismヤキモノのアクセサリー

ヤキモノ と アクセサリー、
ヤキモノ で アクセサリー。

Nolism (ノリズム) は
陶磁器でできたアクセサリーや、
小さな雑貨達のブランドです。

九州を拠点に活躍されている作家、Nolismさんは、陶器でできたアクセサリーを作っていらっしゃいます。

陶器ならではの風合い、雰囲気に一目ぼれしたしまいました。

blog

器&珈琲とケーキ&おいしい写真教室

先日8/24(水)に行われた【器&珈琲とケーキ&おいしい写真教室】
とても、楽しいイベントになりました^^

blog2

blog4

カメラマンの志岐さんによる写真教室は、初心者にもわかりやすく丁寧に教えていただけたほか、プロのテクニックまで教えていただき、とても充実した内容でした。

それから、珈琲マイスターの石川さんにより、珈琲の入れ方を丁寧に教えていただきました。

最後に、石川さんに入れて頂いた、とてもおいしい珈琲とケーキをいただきました。とても充実した楽しいイベントになりました。

このイベントを企画していただきました、ATOZさんありがとうございました。

あこがれの小石原ポタリー

福岡県のB.B.B POTERSさんで販売している、小石原ポタリー。                       いつもB.B.BPOTERSでみて、素敵な器だな~と憧れていたポタリー。                       なんと、当店でもお取り扱いさせていただけることとなりました。(下関では当店だけだそうです!)

blog12

そんな、あこがれの小石原ポタリーの器お店に飾っていますので、紹介をさせていただきます!!

福岡県の伝統工芸で江戸時代から福岡県に伝わる陶芸品【小石原焼】を現代風にアレンジしたのが【小石原ポタリー】                                    伝統の陶芸にデザイン性を持たせた、素敵な陶器です。

[料理をおいしくする器]として、フードコーディネイターの長尾智子さんと小石原の10件の窯元がコラボして制作したその器たちは、
型を使わず、ろくろで1点1点手作りのため、磁器にはない風合いがあります。
福岡県南部の小石原地方近くの「皿山」で取れる粘りのある土を使用し、1200~1300度という高温で焼きあげているため、通常の陶器より強度があります。
釉薬も小石原でとれる各窯元のオリジナルで、料理や柄との相性を考えた色を出しています。

今回、当店に入荷しましたアイテムの紹介。                                こちらは、飛び鉋が施された小石原焼の代表的な柄になります。                       青味のある落ち着いたデザインは、安定した人気があります。

blog13

クリーム時の下地に、2、3列入った飛び鉋が特徴的。            無地部分が多く、割とシンプルなデザインになります。                                                   blog14

白い器に同色できめ細かく丁寧に施された飛び鉋。                              一見無地に見えて、透かし模様のようなデザインで、素敵です。

blog15

パン皿…¥2,500+税(朝食やスイーツなどに)                                           カップ…¥1,700+税(紅茶、コーヒー、お茶などドリンクに)                                           浅鉢…¥3,800+税(サラダ、シチュー、パスタなどにあいます)                                            スープボウル…¥2,500+税(ごはん茶碗にもなります)